古関さんから作曲学ぶ 夢を後押し 私へのエール

2020/05/20

古関裕而さんとの思い出を懐かしむ山崎さん=敦賀市本町1で

敦賀の山崎さん
「飾らず、優しかった」

NHK連続テレビ小説「エール」主人公のモデルの作曲家古関裕而(こせきゆうじ)さんとの思い出を懐かしむ男性が、敦賀市内にいる。かつて古関さんから作曲を学んだ楽器店経営の山崎正清さん(88)=本町一。山崎さんも作曲家としてヒット曲を世に送り出した。レッスンを思い出しながら「飾らない人で優しかった。ピアノの伴奏など細かいところまで楽譜の書き方を教えてもらった」と感謝する。 (沢田一朗)

(日刊県民福井)
続きはこちらから



日々URALAからのお知らせをLINEで受け取れます!

#地域ニュース

  • ツイートするツイートする
  • シェアするシェアする
  • 送信する送信する