葬儀簡素化風潮いいの? 宗派超え議論、発信 僧侶や門徒 地域社会崩壊憂える声も

2020/06/08

コロナ禍で簡素化が進む葬儀について話し合う僧侶たち=越前市の金剛院で

新型コロナウイルスの感染拡大を契機に県内でも葬儀の簡素化が加速していることを受け、超宗派の僧侶たちが葬儀の在り方を話し合う集いを開いている。僧侶らは「本当に故人をしのびたい人が集まれる葬儀にするにはどうしたらよいか。施主に寄り添い考えていけたら」と思いを巡らせている。 (藤共生)

(日刊県民福井)
続きはこちらから



日々URALAからのお知らせをLINEで受け取れます!

#地域ニュース

  • ツイートするツイートする
  • シェアするシェアする
  • 送信する送信する