地域の誇り 鏡山登って 若狭町三生野地区の住民 認知度向上へ案内看板設置

2020/06/11

広がる田園と小さな集落を前にそびえ立つ鏡山=若狭町内で

若狭町三生野(みしょうの)地区に、鏡山(かがみやま)(標高四五一メートル)の遊歩道を案内するマップ看板が、住民有志により設置された。五合目から上の遊歩道は住民が力を合わせて作り、地域が団結するきっかけにもなった。頂上からは三方五湖や越前岬、青葉山など大パノラマが楽しめる。有志の一人で区長の吉村真二さん(59)は田園と小さな集落を前にそびえ立つ山を「地域のシンボル」と誇り、「そこには地域の思いが詰まっている。少しでも認知が広がれば」と思いを込める。 (栗田啓右)

(日刊県民福井)
続きはこちらから



日々URALAからのお知らせをLINEで受け取れます!

#地域ニュース

  • ツイートするツイートする
  • シェアするシェアする
  • 送信する送信する