防護用品 県産で 県補正予算案  マスク、消毒液県内生産設備なし  供給確保へ 企業投資支援

2020/06/12

新型コロナウイルスの新たな感染拡大に備え、県は本年度、マスクと防護衣料、消毒用アルコールを県内で生産し、供給可能にする仕組みを整える。県内企業の設備投資を支援して生産体制を整備し、災害応援協定を結ぶ。感染の第二波が到来した際は優先的に供給してもらい、輸入頼みの現状を打破する。(山本洋児)

(中日新聞福井版)
続きはこちらから



日々URALAからのお知らせをLINEで受け取れます!

#地域ニュース

  • ツイートするツイートする
  • シェアするシェアする
  • 送信する送信する