傍聴席 間隔空ける 知恵絞る県・市町議会 新型コロナ対策  仕切り、換気 細かな工夫

2020/06/15

議員の座席間や質問者席に設置されたアクリル板=県議会本会議場で

新型コロナウイルス感染症を受けて、県議会と県内十七市町議会のうち十三議会が、一般傍聴席の「間引き」を行っているか、行う方針であることが本紙の調べで分かった。鯖江市は、傍聴席への立ち入り自粛を求めている。議員席に間仕切りを設ける議会もあり、「三密」の回避へ知恵を絞っている。=<1>面参照 (尾嶋隆宏、籔下千晶)

(日刊県民福井)
続きはこちらから



日々URALAからのお知らせをLINEで受け取れます!

#地域ニュース

  • ツイートするツイートする
  • シェアするシェアする
  • 送信する送信する