県立大開発ピカツンタ 福井の産地品種銘柄米に 大粒で倒伏に強い

2020/06/23

コシヒカリ(左)よりも一回り大きいピカツンタの玄米

県立大は、米の新品種「ピカツンタ」を開発し、福井県の産地品種銘柄となったと発表した。コシヒカリを人工的に突然変異させて改良した品種で、粒が大きく、コシヒカリの弱点とされている倒伏にも強いのが特長。今秋に県内の店頭に並ぶ。関係者は収穫量が増えることで、農家の所得向上にもつながると期待している。(長谷川寛之)

(日刊県民福井)
続きはこちらから



日々URALAからのお知らせをLINEで受け取れます!

#地域ニュース

  • ツイートするツイートする
  • シェアするシェアする
  • 送信する送信する