高校3年生にURALAからプレゼント! 仲間と頑張った証を誌面に『Aoharu ~青春の“2”ページ~』募集

2020/06/26

新型コロナウイルス感染拡大の影響で、学生の大会が中止を余儀なくされ、特に卒業後就職する方々も多い、高校3年生にとっては学生生活の集大成となる最後の大会がコロナウイルスにより奪われた。
各種団体・有志も何とか生徒たちの気持ちを汲み、代替大会の開催も予定しているが、やはり当初から目標として待ち望んでいた舞台が離れていった悔しさは残る。

このような状況下において、『月刊URALA』としても学生のための思い出作りに何か応援できないかと、新たなプロジェクトが始動した。

プロジェクト名
『Aoharu ~青春の“2”ページ~』

高校3年生を対象に、仲間と歩んだ3年間の証づくりを『月刊URALA』がバックアップ。高校生活の想いを綴った寄せ書きと、仲間と歩んだ証として集合写真を誌面に掲載する。掲載料はもちろん無料! 1クラブごとに、“青春の1ページ”ならぬ、2ページを使って、青春の思い出をカタチにするプロジェクトだ。

※誌面イメージ
右ページにはみんなの想いが綴られた直筆の寄せ書きが。左ページでは仲間との記念写真が掲載される

しかも、掲載後には誌面のデータを活用して、全員に「フレーム入り写真」をプレゼント!

掲載は福井県内の高校の部活動チーム、30チーム限定。申し込みがあり次第、指定の寄せ書き専用シートを送り、生徒たちに自由に記入してもらう。集合写真はプロカメラマンが撮影。掲載可能な号は、2020年8月号(7/25発売号)~2021年4月号(3/25発売号)を予定しており、制作時期に合わせて随時掲載していく。

雑誌に自分たちの軌跡を刻もう!

3年間の集大成に、仲間との思い出づくりに――。『月刊URALA』は、君たちを応援する!

【Aoharuプロジェクト概要】
対象/福井県内の高校3年生で、部活動に参加するメンバー
掲載条件/1クラブ単位で、同クラブに所属する3年生のみ
掲載料/無料
掲載数/30クラブ限定(予定)
掲載号/申込時期により異なる
※誌面制作の詳細は申込時に説明いたします。
※尚、今後の社会情勢により、プロジェクトの実施・継続が困難と判断する場合がありますのでご了承ください。
<申込・問合せ先>
月刊URALA編集部「Aoharuプロジェクト」
【電話】 0776-36-9175 (月刊URALA編集部直通)
【時間】 9:30~18:30(土曜・日曜、祝日を除く)

株式会社ウララコミュニケーションズ
【住所】福井県福井市板垣3-1510
【電話】 0776-36-9175 (月刊URALA編集部直通)


日々URALAからのお知らせをLINEで受け取れます!

#エンタメ#地域ニュース

  • ツイートするツイートする
  • シェアするシェアする
  • 送信する送信する