<揺らぐ二州の医療 コロナ渦の敦賀病院>(下)回復期医療後回しに

2020/07/10

新型コロナウイルスの影響で今期は赤字の可能性がある敦賀病院=敦賀市三島町1で

新型コロナウイルス感染拡大により、市立敦賀病院でも外来患者の受診控えが進んだ。今期は赤字の可能性が高い。敦賀病院は地方の医療機関としては珍しく二〇一〇年から十年間、黒字経営を続けてきた。高齢化が進む地域に合わせて、高齢者の回復期医療に力を入れてきたことが背景にある。しかし、新型コロナが回復期医療を揺るがし、経営を圧迫している。

(中日新聞福井版)
続きはこちらから



日々URALAからのお知らせをLINEで受け取れます!

#地域ニュース

  • ツイートするツイートする
  • シェアするシェアする
  • 送信する送信する