勝山に新たな“足音”を刻むダンススタジオ

2019/06/04

タップダンススタジオ 足音

勝山市在住、プロタップダンサー浦上雄次さんがオープンしたタップダンススタジオ「足音」。浦上さんは、16才から熊本ので小原朋浩氏にソウルダンスを学び、上京後はタップダンサーのHIDEBOHに師事する。リズムパフォーマンスグループ「THE STRiPES」に参加してタップダンスの基礎を1から学び、30才からソロ活動をスタート。

2015年より同市拠点を移し、様々な活動や自身のタップダンスを追求する一方で「普段はシャッター通りの門前町がスタジオ開設が再生の起爆剤になれば」と一念発起。5月2日に完成したスタジオは建物をリノベし元からあった古い木やガラスを使用。ペンキは浦上さん自らが塗り、新しくもあり木の温かみを感じられる造りとなっている。

タップのレッスンは入門から初級、ハウスダンスとあり、もちろん初心者からで気軽に入れるのも魅力のひとつ。他にも日により、ヨガやストリートダンスのレッスンも行う。タップをはじめダンスやアートなど多彩なコト・モノを発信し大仏さまのお膝元・門前町を盛り上げる舞台となりそうだ!

タップダンススタジオ 足音(2019/5/2 オープン)
【住所】福井県勝山市越前大仏門前町片瀬50-1-1 17号(清大寺)
【電話】0779-89-1723
【時間】タップダンス 19:00~20:30
【休日】レッスンにより異なる
【駐車場】あり
【HP】あり
【SNS】 Facebook Instagram
初級:火曜、入門:木曜、ハウスダンス:水曜開催
年会費2000円、入会費3000円

#エンタメ#オープン情報#奥越

  • ツイートするツイートする
  • シェアするシェアする
  • 送信する送信する