「いろいろな視点強みに」  福井でヤングアートキャンプ

2020/08/03

参加者らに洗濯挟みを使った造形作品を紹介する高本さん(右奥)=福井市の県立図書館で

倉敷のアーティスト講演
文化活動に取り組む中高校生の技術向上などを目的にした「ヤングアートキャンプ」の美術分野が二日、福井市の県立図書館であった。岡山県倉敷市在住のアーティスト高本敦基さん(40)が講演し、参加者に「いろいろな視点を持っていることは美術をやっている皆さんの強みになる」と激励した。

(日刊県民福井)
続きはこちらから



日々URALAからのお知らせをLINEで受け取れます!

#地域ニュース

  • ツイートするツイートする
  • シェアするシェアする
  • 送信する送信する