感染拡大防止優先を 知事、お盆期間の帰省に要望

2020/08/05

観光・帰省シーズンに向けた感染予防PRの方針を説明する杉本知事=県庁で

杉本達治知事は四日、県庁で定例会見に臨んだ。新型コロナウイルス感染拡大を受け、お盆期間の帰省について「情において考えることはあると思うが、今の時期は感染拡大防止を優先してほしい」と要望した。県内で再び感染が確認されて以降、患者数の伸びが第一波に比べ少ない点は、PCR検査の充実が奏功しているとの見方を示した。(山本洋児)

(中日新聞福井版)
続きはこちらから



日々URALAからのお知らせをLINEで受け取れます!

#地域ニュース

  • ツイートするツイートする
  • シェアするシェアする
  • 送信する送信する