コロナ対策できることを  フェースシールド県に寄贈

2020/08/06

中村副知事(右)にフェースシールドの目録を渡した(左から)山下事務局長、黒川会長、松森理事長=県庁で

敦賀のNPOが組み立てキット ボランティア募り製作
NPO法人「まちの防災研究会」(敦賀市)は五日、県にフェースシールド千八百枚を寄贈した。県が支援するクラウドファンディング(インターネット募金)で約百五十万円の資金を集め、自宅でキットを組み立てるボランティアを募って製作した。研究会の松森和人理事長は「何かできないか。みんなのそんな思いによってできた」と喜ぶ。

(日刊県民福井)
続きはこちらから



日々URALAからのお知らせをLINEで受け取れます!

#地域ニュース

  • ツイートするツイートする
  • シェアするシェアする
  • 送信する送信する