避難計画作成へ講習 洪水浸水想定区域 大野の施設が参加

2020/08/26

避難確保計画の必要について県の担当者(右)から説明を受ける参加者ら=大野市の結とぴあで

洪水浸水想定区域や土砂災害警戒区域にある要配慮者利用施設に義務付けられている避難確保計画作成の講習会が二十五日、大野市の結(ゆい)とぴあで開かれた。

(日刊県民福井)
続きはこちらから



日々URALAからのお知らせをLINEで受け取れます!

#地域ニュース

  • ツイートするツイートする
  • シェアするシェアする
  • 送信する送信する