福井の実家放火事件裁判、男性の無罪が確定

2020/09/09

福井市内の実家に火を付けて全焼させ、保険金をだまし取ろうとしたとして、同市の男性被告(41)が現住建造物等放火と詐欺未遂の罪に問われた裁判の控訴審判決について、名古屋高検は八日、上告を断念すると明らかにした。名古屋高裁金沢支部は無罪とした一審福井地裁判決を支持しており、男性の無罪が確定した。

(中日新聞福井版)
続きはこちらから



日々URALAからのお知らせをLINEで受け取れます!

#地域ニュース

  • ツイートするツイートする
  • シェアするシェアする
  • 送信する送信する