嶺南農家 サル対策に奮闘 「追い払い、柵を」専門家紹介

2020/09/09

効果的な電気柵の設置方法を説明する赤座さん(右)

若狭町で研修会
サルによる農作物の食い荒らし被害に悩まされている嶺南地域。農家たちはエアガンやロケット花火などを手に、サルを集落から追い払おうと奮闘している。一方、専門家は「サル獣害には追い払いと防護柵の両輪で。ノーマークの時に来ても大丈夫な備えをして」と指摘する。嶺南六市町でつくる嶺南地域有害鳥獣対策協議会などは、若狭町で研修会を開き、集まった農家らはサルから集落の田畑を守るための対策を考えた。(高野正憲)

(日刊県民福井)
続きはこちらから



日々URALAからのお知らせをLINEで受け取れます!

#地域ニュース

  • ツイートするツイートする
  • シェアするシェアする
  • 送信する送信する