町と県側 争う姿勢 池田中2自殺 賠償訴訟初弁論

2020/09/17

指導「教育目的逸脱せず」
池田町池田中学校二年の男子生徒=当時(14)=が担任らのしっ責を苦に自殺した問題を巡り、母親が町と県に約五千四百七十万円の損害賠償を求めた裁判の第一回口頭弁論が十六日、福井地裁(武宮英子裁判長)であった。町と県側は請求棄却を求め、争う姿勢を示した。

(日刊県民福井)
続きはこちらから



日々URALAからのお知らせをLINEで受け取れます!

#地域ニュース

  • ツイートするツイートする
  • シェアするシェアする
  • 送信する送信する