土砂65%、洪水43%作成 県内要配慮者利用施設の避難確保計画

2020/09/29

 県議会は二十八日、土木警察常任委員会を開いた。水害が想定される区域の学校や福祉施設など「要配慮者利用施設」に義務付けられている避難確保計画について県は、六月末時点で土砂災害警戒区域の65・3%、洪水浸水想定区域の43・2%が作成済みと明らかにした。二〇二一年度末に全施設での完了を目指す。

(中日新聞福井版)
続きはこちらから



日々URALAからのお知らせをLINEで受け取れます!

#地域ニュース

  • ツイートするツイートする
  • シェアするシェアする
  • 送信する送信する