関電、美浜で初の取締役会 会長「信頼回復へ有意義」

2020/09/29

関西電力は二十八日、榊原定征会長(前経団連会長)らが出席する取締役会を美浜町の原子力事業本部で開いた。原発が立地する福井県での開催は初めて。役員らの金品受領問題で関電が三月に策定した業務改善計画の一環で、終了後に榊原氏は「現場の信頼回復への取り組みを感じられ有意義だった」と述べた。

(日刊県民福井)
続きはこちらから



日々URALAからのお知らせをLINEで受け取れます!

#地域ニュース

  • ツイートするツイートする
  • シェアするシェアする
  • 送信する送信する