福井三角地帯再開発、A街区解体工事始まる 廃止市道にバリケード

2020/10/02

A街区の解体工事に伴い、市道(左側)の通行止めなど通行制限が始まった中心市街地=福井市中央1で

二〇二三年春の北陸新幹線県内開業に向け、福井市のJR福井駅西側の中央大通りと駅前電車通りに挟まれた再開発エリア「三角地帯」の東側に位置するA街区の解体工事が一日、始まった。廃止する市道はバリケードで封鎖され、中央大通りの歩道の一部を含めて通行止めになった。再開発組合では今月中に一帯の仮囲いを終え、作業を本格化させる計画。

(中日新聞福井版)
続きはこちらから



日々URALAからのお知らせをLINEで受け取れます!

#地域ニュース

  • ツイートするツイートする
  • シェアするシェアする
  • 送信する送信する