<延びる新幹線> 「開業遅れ」並行在来線などに影響懸念 県内関係者ら

2020/10/13

北陸新幹線金沢−敦賀間の工事逼迫(ひっぱく)で、二〇二三年春の開業時期が遅れる可能性が浮上し、県内の自治体や民間の関係者から現実となった場合の影響を心配する声が出ている。開業がずれ込めば「想定外」で、政府・与党の議論の行方を注視している。(尾嶋隆宏、山本洋児、鈴木啓太、栗田啓右)

(中日新聞福井版)
続きはこちらから



日々URALAからのお知らせをLINEで受け取れます!

#地域ニュース

  • ツイートするツイートする
  • シェアするシェアする
  • 送信する送信する