福井の餅文化発信 ハピテラス12月に「満腹祭」 実演販売や餅つき

2020/10/13

福井の餅文化の発信に向けて意気込む、(左から)岩崎社長や村中委員長ら=福井市のハピリンで

消費量全国トップクラスの「餅」をキーワードに福井の食文化を楽しんで−。県内の餅や菓子関連事業者が十二月五、六の両日、福井市のハピテラスで「幸せ もちもち 満腹祭」を初めて催す。あべかわ餅などの実演販売や県護国神社でおはらいしたコメでつくった各種の「疫病終息祈願餅」の販売を企画。餅つきパフォーマンスもあり、活気を呼び込む。 (北原愛)

(日刊県民福井)
続きはこちらから



日々URALAからのお知らせをLINEで受け取れます!

#地域ニュース

  • ツイートするツイートする
  • シェアするシェアする
  • 送信する送信する