アート | 平面・写真館蔵品ギャラリー 「袱紗-染と織と繍のせかい-」

大事な物の上に掛けたり、包んだりして用いられる袱紗(ふくさ)。
江戸時代に大名家で用いられた袱紗は、希少な裂(きれ)が用いられ、茶の湯で鑑賞されたり、武家女性の婚礼道具として繊細な刺繍が施されたりしました。
今回の展示では、袱紗に施された染め・織り・刺繍を紹介しています。

松平忠直正室勝姫の所用品、「紫絞り袱紗」は初公開。勝姫は2代将軍秀忠と江(ごう)の娘で、家康の内孫という血筋。桃山時代~江戸時代初期の高位の武家女性の生活をしのばせる品です。
  • 会 場

    福井市立郷土歴史博物館(福井県福井市宝永3-12-1)
  • 日 程

    2020/11/25(水) 〜 2021/01/17(日)
  • 時 間

    9:00~17:00
  • 料 金

    220円
  • お問い合わせ

  • 館蔵品ギャラリー 「袱紗-染と織と繍のせかい-」
  • ツイートするツイートする
  • シェアするシェアする
  • 送信する送信する