アート | 平面・写真ランス美術館コレクション「風景画のはじまり~コローから印象派へ」

ランス美術館(フランス)が所蔵する至極の19世紀フランス絵画をご紹介。
19世紀後半、ランスとその周辺地域はシャンパンの製造と織物産業によって繁栄し、美術収集を始めたこの地域の富裕層からの寄贈によって、コレクションの拡充が進められてきました。とくに、ランス美術館はバルビゾン派による風景画を最大規模で所蔵する館のひとつとして有名で、今回の展示にはその多くの名品が出品されています。

また、ランス美術館では偉大な画家のひとりでフォンテーヌブローの森をしばしば訪れたカミーユ・コロー (1796-1875) の大規模なコレクションを、ルーブル美術館に次いで所蔵。 その傑作の数々も併せてご紹介します。

ロマン主義からバルビゾン派、 ブーダンのもとにオンフルールに集った画家たち、そしてモネ、ルノワール、ピサロら印象派へと至る19世紀フランス風景画の流れを実際に感じることのできるまたとない機会に。
  • 会 場

    福井県立美術館(福井県福井市文京3-16-1)
  • 日 程

    2021/02/27(土) 〜 2021/03/21(日)
  • 時 間

    9:00~17:00(2/27(土)は11:00~)
  • 料 金

    【当日券】一般1,400円、高校生800円、小中学生500円(団体400円)※団体は20名以上、障がい者と介護者1人は半額、未就学児は無料
  • お問い合わせ

  • ランス美術館コレクション「風景画のはじまり~コローから印象派へ」
  • ツイートするツイートする
  • シェアするシェアする
  • 送信する送信する