アート | 平面・写真特別公開 大音家文書の世界

2020年、国の重要文化財に指定された大音家文書(個人蔵・『福井県立若狭歴史博物館』寄託)は、およそ8,600点の古文書を含む資料群。中世から近代までの幅広い資料を含み、特に中世の古文書群は質・量ともに国内屈指のもので、これまでにさまざまな研究が行われてきました。
展示会では5月16日(日)に開催予定のわかはく講座「『大音家文書』の魅力─若狭の海村文書が語る800年の歴史─」と連動し、大音家文書の中からいくつかの古文書を公開。およそ800年前の古文書とはどのようなものなのか、何がわかるのか、この機会に一度ご覧ください。
  • 会 場

    福井県立若狭歴史博物館(福井県小浜市遠敷2-104)
  • 日 程

    2021/05/08(土) 〜 2021/05/23(日)
  • 時 間

    9:00~17:00(最終入館16:30)
  • 料 金

    一般 310円、高校生以下・70歳以上は無料
  • お問い合わせ

    0770-56-0525(福井県立美術館)

  • 特別公開 大音家文書の世界
  • ツイートするツイートする
  • シェアするシェアする
  • 送信する送信する