アート | 立体・工芸特別展「景色の歴史をたどる ~絵図・地図からみる越前若狭のまちとむら~」

『福井県立歴史博物館』の特別展。
現在、私たちが目にする景色は、各地の歴史の積み重ねの上に成り立っています。
景色を図として表現する絵図や地図は、まちやむらの景色の歴史をたどるのに大変適した資料。
今回の特別展では、絵図や地図を作成する際に使用された測量器具や、色鮮やかに描かれた江戸時代の絵図、明治時代以降の地図を展示し、時代とともに変わる景色や変わらない景色とその背景を「大地を測る、描く-絵図・地図の作成-」「越前若狭のまち-城下町と在郷町-」「越前若狭のむら-農村・山村・漁村-」の3つのテーマでご紹介。

※会期中11月10日(水)、24日(水)は休館
  • 会 場

    福井県立歴史博物館(福井県福井市大宮2-19-15)
  • 日 程

    2021/10/23(土) 〜 2021/11/28(日)
  • 時 間

    9:00~17:00(最終入館16:30)
  • 料 金

    一般400円、高校・大学生300円、小中学生・70歳以上の方200円
  • お問い合わせ

  • 特別展「景色の歴史をたどる ~絵図・地図からみる越前若狭のまちとむら~」

近隣イベント PICK UP

  • ツイートするツイートする
  • シェアするシェアする
  • 送信する送信する