アート | 立体・工芸占部史人展 ―ガンジス河の砂の数ほどの孤独

『金津創作の森』アートドキュメント24回目は、静岡市在住の造形作家 占部史人氏の個展。浄土真宗の寺に生まれた占部氏は、廃材や捨てられたものすべてに魂が宿るという考えから、拾い集めた素材をアート作品化し、新たな命を吹き込んで、再び世に送り出す活動を続けていますが、その根底には「全ては流転する」という仏陀の精神が流れているそう。
展覧会タイトル「ガンジス河の砂の数ほど」は、仏典で「無数の」という意味で使われる「恒河沙(ごうがしゃ)」から名付けられました。考古学に興味があり、その土地固有の歴史や風土から着想を得て、地域ならではの素材から生まれる占部作品は、どこか懐かしく人を和ませます。

ステイホーム中に制作した《箱の生活》は、ウィルスの見えない恐怖と向き合う世界中の人々が感じる「無数の孤独」に対する占部氏自身の想いが込められています。メインとなる最新作では、宇宙空間に漂う星々に見立てた宙づりの縄文土器やガラス製の矢じりが、時空を超えても変わらぬものの象徴として表現され、壮大な古代へのロマンを感じさせます。夏季に現地制作したアトリエ小屋《UFO STUDIO mini》を会場内に移設するなど、金津創作の森でしか実現できない、心癒される占部ワールドを体感してみてください。

  • 会 場

    金津創作の森 美術館 アートコア(福井県あわら市宮谷57-2-19)
  • 日 程

    2021/11/06(土) 〜 2021/12/12(日)
  • 時 間

    10:00~17:00(16:30最終入場)
  • 料 金

    一般600円、65歳以上・障がい者半額300円、小学生以下・障がい者の介護者(当該障がい者1人につき1人)無料
  • お問い合わせ

  • 占部史人展 ―ガンジス河の砂の数ほどの孤独

近隣イベント PICK UP

  • ツイートするツイートする
  • シェアするシェアする
  • 送信する送信する