アート・美術 | 平面・写真いわさきちひろ 生誕地・武生 ピエゾグラフ展「おいしいちひろ」

「ちひろの生まれた家」記念館の秋展は、「食」がテーマの「おいしいちひろ」展です。
旧制高等女学校の教師で家事を教えていた母・文江の影響もあり、いわさきちひろの料理の腕前はかなりのものでした。戦後の食糧難の時代でも、たんぽぽの芽や蕗の薹を入れた彩り豊かな野草弁当を作り、後に夫となる人にはサンドイッチをふるまっています。一人息子のおやつには、フルーツゼリーやプリン、焼きりんごなどを手づくりました。また、夏には水羊羹に庭の南天の葉を、秋ならフルーツケーキに紅葉を添えるなど、ちひろは空腹を満たすだけではなく、四季の変化とともに「食」を楽しんでいます。
本展では、何気ない日常にある食事の時間やたわわに実った果実など、ちひろが描いた「食」にまつわる作品とともに、季節の移り変わりを感じる作品も紹介します。ちひろの絵で、実りの秋をお楽しみください。
  • 会 場

    「ちひろの生まれた家」記念館(越前市天王町4-14)
  • 日 程

    2023/09/16(土) 〜 2023/11/27(月)
  • 時 間

    10:00~16:00
  • 料 金

    一般300円、高校生以下無料
  • お問い合わせ

  • いわさきちひろ 生誕地・武生 ピエゾグラフ展「おいしいちひろ」
  • ツイートするツイートする
  • シェアするシェアする
  • 送信する送信する