アート | 平面・写真企画展「季節とあゆむ、くらしの中の紙 ~夏を感じる模様紙~」

江戸時代から現代に至るまでの多様な模様紙を紹介。紙の上に表わす美しい模様からは、和紙職人の洗練された感性と越前和紙に伝わる様々な技がうかがえる。また、生活の中で模様紙を使うことにより夏を味わい、かつ涼しく快適に過ごそうとした先人たちの工夫も感じられる。
模様を表すための様々な道具類もあわせて展示してあり、かつての和紙職人の飽くなき探究心を振り返ることも。

※火曜日休館
  • 会 場

    越前和紙の里 紙の文化博物館2階 企画展示室(福井県越前市新在家町11-12)
  • 日 程

    2019/06/12(水) 〜 2019/09/01(日)
  • 時 間

    9:30~17:00(入館は16:30まで)
  • 料 金

    一般200円(卯立の工芸館と共通入館料)/高校生以下無料
  • お問い合わせ

    0778-22-3047(越前市産業政策課)
    HP

  • 企画展「季節とあゆむ、くらしの中の紙 ~夏を感じる模様紙~」
  • ツイートするツイートする
  • シェアするシェアする
  • 送信する送信する