アート 立体・工芸特集展示「平瀬作五郎 展」

1896(明治29)年、世界で初めてイチョウの精子の発見という植物の進化の過程を解明する画期的な大偉業を果たした、福井市出身の平瀬作五郎(1856-1925)。平瀬が受賞した学術界最高賞の帝国学士院恩賜賞メダル、平瀬の大発見を世界に伝えたフランス語の論文と精巧な図を掲載した「帝国大学理科紀要」等を展示し、平瀬作五郎の業績を紹介
  • 会 場

    福井県教育博物館(福井県坂井市春江町江留上緑8-1)
  • 日 程

    2019/10/04(金) 〜 2019/11/24(日)
  • 時 間

    9:00~17:00(最終入館16:30)
  • お問い合わせ

  • 特集展示「平瀬作五郎 展」
  • ツイートするツイートする
  • シェアするシェアする
  • 送信する送信する