アート | 平面・写真特別展「金色の煌めき~金に彩られた若狭のたから~」

『福井県立若狭歴史博物館』で特別展が開催。

古より多くの人々を魅了してきた"金"。その輝きは美しく、また神秘的でもあり、世界各地で黄金文化が花開きました。日本に金製品が伝来したのは紀元1世紀頃。その後、日本人は金の加工技術を習得するだけでなく、各時代の趣向にあった造形物を産み出し、金は日本の文化を語る上で欠かすことのできない素材となりました。
金を用いたモノ作りは、日本においてどのように受け入れられ、そして発展してきたのか。今回の特別展では、若狭と敦賀ゆかりの文化財から、金工芸の歴史と装飾技法についてご紹介します。

蓮唐草蒔絵経箱(国宝・奈良国立博物館蔵)
世界及日本図屏風(重要文化財・当館蔵)
鉄線蒔絵膳椀類(小浜市指定文化財・心光寺蔵)
など、若狭の文化財多数公開されます。

  • 会 場

    福井県立若狭歴史博物館(福井県小浜市遠敷2-104)
  • 日 程

    2020/10/24(土) 〜 2020/11/23(月)
  • 時 間

    9:00~17:00(最終入館16:30)
  • 料 金

    一般400円/高校・大学生300円/小・中学生200円
  • お問い合わせ

    0770-56-0525(福井県立若狭歴史博物館)

  • 特別展「金色の煌めき~金に彩られた若狭のたから~」
  • ツイートするツイートする
  • シェアするシェアする
  • 送信する送信する