大雨「千年に一度」も対応  大野市が防災マップ改訂

2020/11/05

1000年に一度の大雨やダムの緊急放流などにも対応して改訂された大野市総合防災マップ=大野市役所で

緊急放流時の浸水想定
大野市は五年ぶりに市総合防災マップ(ハザードマップ)を改訂した。県内初のダム下流河川と県管理の中小河川も考慮したもので、五十年に一度と千年に一度の大雨に対応し、ダムの緊急放流による浸水を想定した内容になっている。 (山内道朗)

(日刊県民福井)
続きはこちらから



日々URALAからのお知らせをLINEで受け取れます!

#地域ニュース

  • ツイートするツイートする
  • シェアするシェアする
  • 送信する送信する