【福井の身近なクラウドファンディングOHIROME】

メトロ劇場が挑むクラウドファンディング。「作品の魅力を余すところなく届けたい」

2021/02/16

クラウドファンディングプロジェクト:メトロ劇場、コロナ禍の挑戦!~作品の魅力を余すところなく届けたい~

根強いファンも多い福井市の映画館『メトロ劇場』が『OHIROME』にてクラウドファンディングに挑戦中。目的は映画館の生命線ともいえる「音響設備」の一新です。

現在、プロジェクト開始から約1ヶ月。全国各地より300を超える支援があり、目標金額300万円の74%である222万円が集まっています。支援期間終了まで残り1ヶ月。日に日に支援が増えているだけに、目が離せません。

今回のプロジェクト、挑戦するきっかけとなったのは昨年の休業期間だったそう。映画館で映画を上映出来ず、NETFLIXやAmazonなど、自宅で映画を楽しむ人が増えていきました。その中で、「映画館としての役割、本質はどこにあるのか、これまで以上に深く、深く考えました」と『メトロ劇場』の館主 根岸さん。

その結果辿りついた答えの一つが“音”だったそうです。そもそも、『映画は映画館で上映されることを前提に作られている』。あらゆる環境で映画が楽しめる今、本来当たり前ですが、忘れがちなこの事実を再認識したといいます。

ステレオサウンドからデジタルサウンドへと移行する

映画館でしか体感できない、ダイナミックな音で“作品の魅力を余すところなく届ける”。これが映画館の持つ最大の魅力であり、役割なのだと実感したそうです。

コロナ禍だからこそ挑戦するこのプロジェクト。
リターンには、

・越前和紙を用いた記念招待券(3,000円)
・劇場貸切権(平日レイト/100,000円)

などの他、劇場スタッフでもあり、「ウィギーカンパニー」図案家の黒田美恵さん監修の様々な作品をご用意。

ポップでレトロな雰囲気がかわいらしい

・『メトロ』、『劇場』デザインキーホルダー(2,000円)
・オリジナルデザインの手ぬぐい(招待券付き/5,000円)
・オリジナルデザインのトートバッグ(招待券付き/10,000円)

キーホルダー2個セット
オリジナル手ぬぐい

など、今回のプロジェクト限定の作品が並びます。

詳しくはこちらの支援ページより↓

https://ohirome-fukui.en-jine.com/projects/fukuimetro

プロジェクトの支援募集は3月末まで実施されますが、達成の有無に関わらず音響設備は一新します。そのため、『メトロ劇場』は2月末よりお休みとなります。休業が明け、生まれ変わった劇場が届けてくれる映画への期待に、うんと胸が膨らみます。

メトロ劇場
【問い合わせ】0776-22-1772
【HP】あり



日々URALAからのお知らせをLINEで受け取れます!

#地域ニュース#連載

  • ツイートするツイートする
  • シェアするシェアする
  • 送信する送信する