【プレゼントあり】「グッド・トイ2020」にも選ばれた、福井発のボドゲが話題|ちゃがちゃがゲームス

2021/02/22

福井のボードゲーム愛好者サークル『ちゃがちゃがゲームス』が創るゲームが話題に! 全国のおもちゃの専門家・おもちゃコンサルタントによって選定されるおもちゃの賞「グッド・トイ」では2018年の「かたろーぐ」に続き、2020年には「じっくりミレー」が選ばれました。

じっくりミレー

「じっくりミレー」は、名画に描かれた人物の感情を当て合うボードゲーム。親役となる「芸術家」が絵の1場面に「特製がくぶち」を置き、その場面に合った「気持ちカード」を1枚選びます。カードは「ドキドキ」「かなしみ」などの感情を表す計6枚。 芸術家が想像した「気持ちカード」をみんなで予想して答え合わせ。選んだ理由を聞いて「なるほど」と納得したり、「えー!」と驚いたり、勝ち負けよりもおしゃべりしながら楽しめるのが醍醐味のひとつ!

例えば、男女の抱き合うシーンを切り取って「ドキドキ」のカードを選んだとしても、

「両想いでドキドキしているんだよ」
「いや、見られてはまずい関係だから、スリルのドキドキだ」


と、観る人によって捉え方はそれぞれ。勝ち負けよりも他のプレイヤーの意外な発想を聞くのが面白いです。

かたろーぐ

出題者の「秘密のランキング」を予想。同梱の「お食事メニュー」「人の魅力」などが描かれた、カタログのどれか1つを題材とします。出題者はカタログの項目に「吹き出しのコマを」を7つ置き、コマと対をなすカードを伏せて並べることで、秘密のランキングを1~7位まで設定。
解答者がランキングを予想をして当てるというシンプルなゲームですが、なぜその項目を選んだかを話し合います。相手の気持ちがよくわかり、このやりとりが面白い。
正解するごとに「ハートのコマ」がもらえて、一番多く集めた人が出題者の気持ちがもっともよくわかっている人として勝者となります。

また、好きなものに限らず、同じカタログでもお題を変えてみるのも面白いです。「人の魅力」カタログなら、

「付き合うなら優先順位は?」
「異性に求めるものは」

とランク付けを設定できます。もし、気になる人がいれば一緒に楽しむといいかも。答え合わせで相手の思いがよくわかりますよ。

「かたろーぐ」も「じっくりミレー」と同じく、みんなと話しながら楽しむのがミソ。だから自分の気持ちを表現するのが苦手な人も、ゲームが進むにつれ話せるようになると、コミュニケーションツールとしても活躍! 学校や図書館、支援施設や病院でも活躍しているそうです。

ZENタイル

そして、『ちゃがちゃがゲームズ』注目の最新作がコチラ。対戦型ではなくひとりでも楽しめ、名前の通り“禅の世界観”を体感できるボードゲームです。 「幸」「怒」「驚」など、気持ちが描かれた碁石を、20個の中からランダムに1つ引き、枯山水庭園をイメージした手ぬぐいの上に過去の出来事を思い出しながら配置していきます。10個並べたら終了で、最後に自分が一番ほめてあげたい気持ちの近くにキレイなおはじきを置きます。

物差しのような竹製のツールは時間軸を表して、これを中心に上に行くほどポジティブ、下がネガティブな気持ちとなります。

1日の終わりに、自分の記録を振り返り気持ちを客観視することで「気持ちが落ち着く」と評判に。簡単な日記にもなり、SNSで“自分日記”をアップされる方も増えているそうです。 また、碁石に描かれている文字や配置を仲間で見て、エピソードを探り当てる楽しみ方もできますよ。

そして、日々URALA読者の方に「じっくりミレー」を1名様にプレゼントします。 応募は3月5日(金)が締め切り!

プレゼント応募は次のページへ>>

ちゃがちゃがゲームス
【お問い合わせ】Mail
【HP】あり
【SNS】Twitter
※購入、試遊できるお店はホームページをご参照ください。

#エンタメ

  • ツイートするツイートする
  • シェアするシェアする
  • 送信する送信する