再開発見守る 待宵の月 福井駅西口 

2021/09/21

再開発工事が進む三角地帯上空で、雲間から顔をのぞかせた待宵の月=20日午後6時38分、福井市中央1で(福田正美撮影)

中秋の名月(旧暦八月十五日)の前日となる二十日、再開発工事が進むJR福井駅西口の通称「三角地帯」A街区を「待宵(まつよい)の月」が照らした。

(日刊県民福井)
続きはこちらから



日々URALAからのお知らせをLINEで受け取れます!

#地域ニュース

  • ツイートするツイートする
  • シェアするシェアする
  • 送信する送信する