キンドリングクラッカーと薪割り土台で安全・迅速・簡単にパッカーン

2021/10/10

 ファイヤーサイドのキンドリングクラッカーで広葉樹薪を割ってみました。怪我しやすいナタや斧を使わずにハンマーで薪割りできるから小学生でも怪我しにくく安心。

 持ち運びは難ありですが、薪ストーブ用の太い薪から焚き火用の細い薪を作るときはかなり便利。なによりパッカーンと響く薪割りがいかにも趣味らしく楽しいですね。

 地面に直置きするとハンマーの力がうまく伝わらず効率が落ちるため、新潟県長岡市のアウトドアショップ「パーマーク」の持ち運べる薪割り台と組み合わせてみました。





日々URALAからのお知らせをLINEで受け取れます!

#キャンプ

  • ツイートするツイートする
  • シェアするシェアする
  • 送信する送信する