「工事の基本守られず」 県原子力安全委、労災事故続き指摘

2019/11/28

有識者が原発の安全対策を議論する県原子力安全専門委員会(委員長・鞍谷文保福井大学術研究院教授)が二十七日、県庁で開かれた。委員は、関西電力の各原発の工事で作業中の事故が相次いだことについて「工事をやる基本が守られていない」などと指摘した。

(中日新聞福井版)
続きはこちらから



日々URALAからのお知らせをLINEで受け取れます!

#地域ニュース

  • ツイートするツイートする
  • シェアするシェアする
  • 送信する送信する