【かずのすけの美容塾】

教えて! かずのすけ先生! 冬でも乾燥知らずな しっとり美肌を保つには?

2019/12/11

Q:冬でも乾燥知らずな しっとり美肌を保つには?

イラスト/サキザキ ナリイラスト

冬になると乾燥しやすくなるのは、気温が下がることで空気中の水分量が低下してしまうからです。

例えば同じ湿度でも、気温の高い夏より気温の低い冬の方が空気中の水分量は少ないため、よりお肌の水分が蒸発しやすくなっています。しかも冬は暖房設備のせいで元々低い湿度がさらに低下してしまいます。そのため、根本的な対策としては「できるだけ湿度を高く維持する」工夫が必要です。

ちなみに僕の場合は部屋ごとに加湿機を設置していて、冬でもできるだけ湿度50%を維持するように意識しています。これだけでもお肌の乾燥をかなり抑制できます。

ただ、福井の場合は冬でも比較的湿度が下がりにくいのでスキンケアでの対策のほうが効果的かもしれませんね。

冬のスキンケアの乾燥対策というと、一番やりがちなのは「保湿力の高い化粧品に変更する」ことだと思います。これも一つの手立てではありますね。

ただ保湿力を重視したスキンケア化粧品は少しお高いものも多いため、僕の一番お勧めの方法としては「洗顔料やボディソープの洗浄力を抑える」というものです。

夏場は皮脂量などが盛んですが、冬場は比較的少なくなるため、気温の高いときと同じ洗顔料やボディソープを使っているとそれだけでも乾燥しやすくなってしまうのです。特に身体は元から皮脂量が少ないこともあり、冬場は特に優しく洗浄したほうが良いです。

お肌に優しいソープ類は入手が難しいですが、ドラッグストアでも入手できる赤ちゃん用の「ベビーソープ」などは概ね優しい洗浄力なので手に入れやすいと思います。洗浄後にお肌が突っ張って粉を吹くような場合は、洗浄力が合っていない(洗いすぎの)合図です。

また、スキンケア化粧品の場合は「セラミド」という成分が配合されているものを積極的に使用すると良いです。セラミドはお肌の角層に含まれる『細胞間脂質』の主成分で、肌の水分を外に逃さない働きや、外部刺激ダメージから肌を守る働きをしています。

この成分を少しでも補給するだけで乾燥がかなり抑制されます。中でも効果的なのが「ヒト型セラミド」というもので、化粧品の成分表に「セラミド3」や「セラミドEOP」などのように「セラミド~」と名前が書いてあります。

セラミドは類似成分なども多く選びにくく少し高価な成分なのでやや上級者向けですが、僕も毎日使用しているので乾燥が気になる方はぜひお試し頂くと良いと思います。

かずのすけ
美容化学者。横浜国立大学大学院修了。化学で美容を解説するブログが人気で月間500万PV、Twitterフォロワー5万人超。著書は『オトナ女子のための美肌図鑑』(ワニブックス)ほか8冊。福井県坂井市丸岡町出身。本名:西 一総(かずさ)
Blog Twitter

福井初登場! 美容化学者「かずのすけ」のコスメ『CeraLabo』期間限定ショップ



日々URALAからのお知らせをLINEで受け取れます!

#美容#連載

  • ツイートするツイートする
  • シェアするシェアする
  • 送信する送信する