小説「おしょりん」映画化へ 眼鏡産業の祖・増永兄弟描く

2020/01/17

「おしょりん」の映画化に向けて意気込む増永館長(前列左から2人目)ら関係者=福井市麻生津公民館で

福井県の眼鏡産業の祖とされる増永五左衛門、幸八兄弟を描いた小説「おしょりん」(二〇一六年、藤岡陽子著)の映画化へ向けた動きが本格化している。増永兄弟の地元である福井市麻生津地区で、十五日に発起人集会を開催。二月には制作委員会を設立し、協賛企業を募りながら二三年の北陸新幹線開業に合わせた公開を目指す。

(中日新聞福井版)
続きはこちらから



日々URALAからのお知らせをLINEで受け取れます!

#地域ニュース

  • ツイートするツイートする
  • シェアするシェアする
  • 送信する送信する