古植物学研究者の次世代を発掘 中生代植物研究会

2020/01/17

これまでなかった植物化石図鑑などを出版し、研究者発掘に意気込む寺田さん=勝山市の県立恐竜博物館で

植物化石を対象とする古植物学の研究者が減り、県内外の研究者や愛好家で組織する中生代植物研究会が、次世代研究者発掘の活動を続けている。会長で県立恐竜博物館主任研究員の寺田和雄さん(52)は「国内のプロの研究者は二十人足らずの『絶滅危惧種』。このままでは絶滅種になる」と危機感を募らせ、さまざまな手を打っている。

(中日新聞福井版)
続きはこちらから



日々URALAからのお知らせをLINEで受け取れます!

#地域ニュース

  • ツイートするツイートする
  • シェアするシェアする
  • 送信する送信する