新型肺炎の患者受け入れ訓練 福井赤十字病院

2020/02/05

感染初期対応室で、防護服を着てエックス線検査をする放射線技師(右)=福井市の福井赤十字病院で

新型コロナウイルスによる肺炎患者の県内での発生に備え、福井市の福井赤十字病院は四日、患者への対応訓練を実施した。同病院での訓練は一月末に続き二回目。二次感染の防止に留意しながら迅速に対応できるよう、医師や看護師がそれぞれの動きを確認した。

(中日新聞福井版)
続きはこちらから



日々URALAからのお知らせをLINEで受け取れます!

#地域ニュース

  • ツイートするツイートする
  • シェアするシェアする
  • 送信する送信する