【週末ラブカツ スポット】

越前松島水族館の裏側へ行けちゃう!“近すぎる生き物”と触れ合おう♪

2020/02/09

福井のデートスポットを紹介する連載「ラブカツスポット」。今回は、県内唯一の水族館『越前松島水族館』です。実は、他の水族館ではなかなか体験できない生き物との触れ合いや、写真映えするスポットがたくさんあるんです!

昭和34年にオープンし、61年の歴史がある『越前松島水族館』。福井県民にとっては身近な水族館ですが、新しい施設の増設や取り組みなどで“満足度が高い水族館”として注目され、県外からも多くの人が訪れています。

水族館定番の「イルカショー」や、ペンギンがペタペタと歩く姿が可愛らしい「ペンギンのおさんぽタイム」、そして「アザラシのふれあいタイム」などワクワクするアトラクションも豊富!

施設内には約350種類もの生き物がいますが、まずはその中で特におススメのフォトスポットをご紹介します♪

■浮いてる⁉ 水槽に乗って不思議体験を♪

『越前松島水族館』と言えばこちら!“海面浮遊体験”ができる「さんごの海」の水槽。床だけではなく側面にも水槽、そして天井は鏡になっているので不思議な写真を撮影することができますよ。このエリアではGWや夏休みになるとお泊りができちゃいます!

家族連れやカップルに人気のフォトスポット!

■ゆらゆら♪癒しのクラゲコーナー

全国の水族館でも人気のクラゲコーナー。ミズクラゲやサカサクラゲ、タコクラゲなどゆらゆらと動くクラゲがライトアップされ幻想的な空間が広がります。福井で活躍するアーティストによるクラゲの壁画も必見です!

■カラフル♪定番人気のお魚さんたち

「カクレクマノミ」

オープン当初の60年以上前から使われ続ける水槽がいまも現存する、ちょっぴりレトロな雰囲気の「おさかな館」。女性に人気の「カクレクマノミ」、大ブレイクした「チンアナゴ」、模様がまさにミッキーな「ミッキーマウスプラティ」など、キュートなお魚さんたちにも会えますよ♪

「チンアナゴ」
「ミッキーマウスプラティ」

こんなにもたくさんの生き物に出会える水族館。その裏側って気になりませんか?

『越前松島水族館』では普段は見ることができない場所へ行くことができるんです!

→2ページ目は気になる水族館の裏側へ行ける特別なガイドツアーをご紹介!

#おでかけ#デート#坂井#観光#連載

  • ツイートするツイートする
  • シェアするシェアする
  • 送信する送信する