パラ五輪、県内17市町で採火 8月17日に福井で集火式

2020/02/07

今夏の東京パラリンピックの聖火関連イベントの詳細が六日発表され、県内では全十七市町で採火イベントが実施されることになった。各市町で起こした火は、八月十七日に福井市のハピテラスで一つになり、東京に運ばれて聖火になる。

(中日新聞福井版)
続きはこちらから



日々URALAからのお知らせをLINEで受け取れます!

#地域ニュース

  • ツイートするツイートする
  • シェアするシェアする
  • 送信する送信する