【ハナ金 夜ふかし倶楽部】

チョコっと聴いてほしい! バレンタインにおススメしたいチューン♪

2020/02/13

2月14日は、世界各地で“愛の誓いの日”とされる「バレンタインデー」。そんな日にピッタリの定番曲から、甘くほろ苦いJAZZバラードを『フラミンゴレコード』様から紹介いただきました。バレンタイン…といえば、いともたやすくえげつない行為を行う某マンガのラスボスか、元ヤクルトのバレンティンを想像しますが……。ちがうか(笑)。



ヴァレンタイン・キッス/国生さゆりwithおニャン子クラブ

「シャラララ~、素敵にキ~ィッス」のアタマを聴いただけで、サビまでいかなくても“ああ、この曲ね”と、分からないハズがあろうこともないベタ中のベタな曲。国生さゆりの代表曲であり「おニャン子クラブ」からのソロデビューシングルとして1986年に発売。バックコーラスはおニャン子クラブ所属の白石麻子と渡辺美奈代が担当。昭和の終わり頃に発売された曲だが、今なおこの時期には必ず耳にする名曲だ。TV番組では渡り廊下走り隊7や乃木坂46ともコラボして歌われている。




マイ・ファニー・ヴァレンタイン/スイート・ベイジル・トリオ

アルバムのタイトルに「ヴァレンタイン」、アーティスト名に「スイート」の文字が入り、まさにヴァレンタインデーを彷彿させる一枚(笑)。もちろんネーミングだけで推薦したわけにあらず。その道のプロからも定評が高いジャズピアニスト、シダー・ウォルトン率いるピアノ、ベース、ドラムスのトリオ編成。スインギーなベースに小気味良いピアノ音が合わさるコンビネーションがグッド! ジャズの音色にはスイートでなくビターなチョコが合いそうだ。




アニタ・オディ1972/アニタ・オディ

白人ボーカリストの最高峰としても名が高いアニタ・オデイの自選自作のアルバム。ハスキーボイスと個性的な歌い方が特徴で、ちょっと音程がズレて聴こえる時もあるが、これはあえてトリッキーな歌い方をしている。一度コースを外れると戻るのが難しいが、すぐ元の音に戻れるテクニックがすごい! この自由な歌い方がジャズっぽくていいですね。3曲目の「マイ・ファニー・ヴァレンタイン」は‘37年のミュージカル『ベイブス・イン・アームス』の挿入歌。静かで情緒を感じられるバラードだ。




【本日のハナ金コンシェルジュ】
フラミンゴレコーズ オーナー 中野英彦さん
東京のレコード店で働いて以来、84年から福井でお店を経営。SP盤からLP盤など、約10万枚扱うアナログレコードの殿堂。お宝な一枚が見つかるかも!



フラミンゴレコーズ
【住所】福井県福井市羽水2-132 2F
【電話】 0776-33-6050
【時間】12:00~20:00
【休日】木曜
【駐車場】20台
【HP】あり



日々URALAからのお知らせをLINEで受け取れます!

#エンタメ#福井市内#連載#音楽

  • ツイートするツイートする
  • シェアするシェアする
  • 送信する送信する