空き家活用 実証実験へ 福井の高齢者住居 

2020/02/18

空き家などを活用した高齢者向け住宅の実証実験に関する合意書を手にする(左から)福井研究科長、山田部長、脇屋社長=17日、福井市役所で(蓮覚寺宏絵撮影)

市、福井大、介護事業者が連携
福井市と福井大、介護事業を展開するケア・フレンズ(福井市松本二丁目)の三者が連携し、同市松本地区の空き家や賃貸住宅の空き室を高齢者向けに提供する実証実験を始める。高齢者の住まい探しが困難になる中で、安心して住み続けられる地域を目指して社会システムの整備を始める。(藤共生)

(日刊県民福井)
続きはこちらから



日々URALAからのお知らせをLINEで受け取れます!

#地域ニュース

  • ツイートするツイートする
  • シェアするシェアする
  • 送信する送信する