並行在来線の旅客流動調査、県が中止 利用者数大幅減

2020/05/11

二〇二三年春の北陸新幹線敦賀開業に伴い、JRから経営分離される並行在来線(現北陸線)について、県が本年度に予定していた旅客流動調査を見送ることが分かった。新型コロナウイルス感染拡大で、正確な数字を把握できないため。運賃水準決定の前提となる調査だったが、過去の結果を補正して対応する。

(中日新聞福井版)
続きはこちらから



日々URALAからのお知らせをLINEで受け取れます!

#地域ニュース

  • ツイートするツイートする
  • シェアするシェアする
  • 送信する送信する