絹マスク生産 起死回生の策 坂井の浴衣帯メーカー

2020/05/12

絹マスクの生地を生産する織機を見守る小杉社長。右側は稼働が止まった帯の織機=坂井市の小杉織物で

材料、織機転用で活路
「うちでも作れる」

新型コロナウイルスの打撃を受けた坂井市の帯メーカーが、浴衣帯の材料と織機を転用して「洗える絹マスク」の生産を始めた。東京五輪などイベントや外国人観光客が消え、帯の需要が激減する中で浮かんだ起死回生の策。稼働を半減した工場を再開し、これからの生活に不可欠な質の高いマスク生産に活路を見いだす。 (渡部圭)

(日刊県民福井)
続きはこちらから



日々URALAからのお知らせをLINEで受け取れます!

#地域ニュース

  • ツイートするツイートする
  • シェアするシェアする
  • 送信する送信する