新型コロナ 感染94人同一遺伝子型

2020/06/26

クラスター、連鎖裏付け 県議会 一般質問
県議会は二十五日、本会議を再開し、六人が一般質問した。新型コロナウイルスの第一波について、県は県内で感染確認された百二十二人のうち九十四人が「同一の遺伝子型だった」と明らかにした。県内での感染が、クラスター(感染者集団)や、そこからの連鎖で拡大したことを裏付けている。

(中日新聞福井版)
続きはこちらから



日々URALAからのお知らせをLINEで受け取れます!

#地域ニュース

  • ツイートするツイートする
  • シェアするシェアする
  • 送信する送信する