「牢屋にいるようだった」 コロナ禍 県内留学生振り返る

2020/06/26

生活や就職活動への不安を話す徐さん=福井市の福井大文京キャンパスで

収入ゼロに 就活不安も
新型コロナウイルスの感染拡大は、県内に住む留学生にも暗い影を落とした。アルバイトができなくなったため貯金を切り崩し、再来日の保障がなく帰国もかなわない。不安を抱えながら過ごした四月からの二カ月間を、学生の一人は「牢屋(ろうや)にいるようだった」と振り返った。(藤共生)

(中日新聞福井版)
続きはこちらから



日々URALAからのお知らせをLINEで受け取れます!

#地域ニュース

  • ツイートするツイートする
  • シェアするシェアする
  • 送信する送信する