「お泊りキャンペーン」大反響 福井県議会、第2弾を検討へ 

2020/07/02

県議会は一日、産業常任委員会を開いた。申し込みが殺到し、開始から五日間で予約受け付けを終了した「ふくいdeお泊(とま)りキャンペーン」の大反響を受け、委員から新型コロナウイルスの経済的影響を和らげるため、県独自の観光キャンペーンの「第二弾を行っては」との声が相次いだ。白崎淳交流文化部長は前向きに検討する姿勢を見せた。

(中日新聞福井版)
続きはこちらから



日々URALAからのお知らせをLINEで受け取れます!

#地域ニュース

  • ツイートするツイートする
  • シェアするシェアする
  • 送信する送信する