【ハナ金 夜ふかし倶楽部】

本当に存在する? SF好きにはたまらないパラレルワールドのミステリー。

2020/07/09

もしあの時違う選択をしていたら、自分のいない世界があったら……、そんな“もしもの世界”、「パラレルワールド」をテーマにした傑作ミステリー小説を『勝木書店 SuperKaBoS 新二の宮店』様より紹介いただきました。SF好きにもおススメ。ドラ●もんの「もしもボックス」でパラレルワールドに行けます(笑)。



ifの悲劇 / 浦賀和宏(箸) 角川文庫

小説家・加納の妹が自殺。その原因になったと思われる婚約者・奥津を網走で殺害。その後、加納の運転する車の前に現われた男を、轢き殺した場合と殺さなかった場合でその後の展開が2パターンに分かれる。帯に「ダマされた大賞2018」とあり、はじめから“騙す”という事が前提で分かってトリックに挑んでみても、絶対ダマされるから面白いの(笑)。ラストに散りばめた伏線回収、巧妙な叙述トリックに見事ダマされました。「あそこ伏線だったの?」と、答え合わせに2度読み必至のミステリー。




ボトルネック / 米澤穂信(箸) 新潮文庫

亡くなった恋人の追悼に東尋坊を訪れた主人公が誤って崖から転落(100%死んでいるハズ)……が、目覚めるとなぜか金沢の街にいるという。なにやらパラレルワールドと思わしき世界に飛ばされ、別次元の世界では自分の代わりに本来生まれていない「姉」が存在し、そして何もかもが違っていた。元居た世界で起きた不幸が逆転し、コチラは絵に描いたような幸福な世界になっている。「自分がいない方が幸せなんじゃないか?」と思わせ、不思議な世界を描きながらも闇の深い人間ドラマが堪らない。読んで心が痛くなります……。




パラレルワールド・ラブストーリー / 東野圭吾(箸) 講談社文庫

男女の三角関係をSFチックに描いたラブストーリー。かつてひと目惚れした、親友の彼女でもある女性に恋い焦がれる話と、その女性が同棲までする自分の彼女だった別の話が時系列を同じくして同時進行します。2つの世界が存在しますが、2つの記憶のひとつは消えることなく交差。どちらかの世界が真実で、パラレルワールドなのか、もしくは記憶操作的なものなのか? その真相をたどるミステリー。どちらにしても後者の記憶の方が彼女をモノにできて良さそうですが、「世の中知り過ぎないほうがいい」という言葉もあります(笑)。結末やいかに……。




【本日のハナ金コンシェルジュ】
勝木書店 SuperKaBoS 新二の宮店
清水店長
福井県最大級! 書籍は約20万部取り扱う新二の宮店。ここでなら素敵な本を出合えることは間違いナシ! またコミック、CDやトレーディングカードも多数販売。

勝木書店 SuperKaBoS 新二の宮店
【住所】 福井県福井市二の宮5-18-8
【電話】 0776-27-4678
【時間】9:30~23:00
【休日】無休
【駐車場】あり
【HP】あり
【SNS】Twitter



日々URALAからのお知らせをLINEで受け取れます!

#エンタメ#福井市内#連載

  • ツイートするツイートする
  • シェアするシェアする
  • 送信する送信する